読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

PC、スマホの利用者数ランキングを見てみる

ニュース 考察

スマホタブレットにやられてきてるのかねー

 


ヤフーもGoogleもFC2も……日本の上位10サイト、PCからの利用者数が軒並み2けた減 -INTERNET Watch

 

PCからのインターネットサービス利用者数は、2014年1~10月までの月間平均で約5207万人。前年比で8%減少した。サービス別では、1位のヤフーが約4099万人(前年比12%減)、2位のGoogleが約2772万人(同17%減)、3位のFC2が約2245万人(同19%減)。 

  全体では8%減となっていて、個別でも10%以上の減少となっている。1位は安定のヤフー。一時期グーグルにしてたけど、グーグルは検索によく使うけど、アドレスバーの部分で検索したらいいやということで、俺も今はヤフーがトップページになっているなあ。ニュース、天気、路線の3つが便利すぎる。
 このランキングで、面白いのは3位がFC2ってところだよね、うん。

 

 このほか、YouTube(4位、約2222万人)、楽天(6位、約2152万人)、Amazon(7位、約2016万人)など、2013年の時点ではPCからの利用者数を維持していたサービスも、今年はPCからの利用者数が大きく減少。ランキング上位10サービスすべてで2けた減となっている。 

   全部10%以上の減少ってかなり凄いよね。昨日の検索キーワードランキングでもそうだったけど、日本では楽天Amazonなんだなあ。日本人はポイント大好きだから仕方ないね(もちろん俺も大好き!)

 

 これがランキング。PCからのインターネットサービス月間利用者数トップ10

 

 

 一方、スマートフォンからのインターネットサービス利用者数(ウェブ+アプリ)は、2014年4~10月までの月間平均で約4262万人となり、2013年10月の時点から約900万人(34%)増加した。サービス別では、1位のGoogleが約4127万人(前年比33%増)、2位のヤフーが3875万人(同35%増)、3位のLINEが3210万人(同45%増)と続いている。 

  やっぱりスマートフォンに凄い取られているみたい。PCの利用者数の減り<スマートフォンの利用者数の増加なので、結局ネットを使う時間は増えているというね。上のランキングに載っているサイトは、下のスマートフォンの利用者数ランキングにも載っているから、あんまり痛手は受けていない模様。

スマートフォンからのインターネットサービス月間利用者数トップ10

 

 Amazonの増加率60%て凄いな。来年、再来年あたりには楽天を抜かしそうな勢いだね。Yahoo、Google、Rakuten、AmazonYouTube、FC2、AmebaはPC、スマートフォン両方のランキングに載っていて安定している感じ。広告収入ウハウハだろう。

 

スマートフォンアプリ月間利用者数トップ10

 こちらは、スマートフォンアプリのランキング。やっぱりLINEが一位の模様。増加率みても半端ないところを見ると、代替アプリが無い限り、一生1位に君臨する気がする。やるなー。

 マクドナルド公式アプリが9位ってのもなかなか興味深い。あれだけネット民からは嫌われているけど、マクドナルドもまだまだ捨てたもんじゃないなあーと。

 あと、Google系のアプリ入りすぎね(笑)。Google PlayYouTubeGoogle MapsGoogle Search、Gmailって10位中5つランキングに入ってるよ。さすがグーグル様というところだろうか。

 

 

 以上!どうだっただろうか。やっぱりランキングに入ってくるのは、予想通りという感じがしないでもないけど、たまに予想外なのがランクインするから面白い。

 これから、スマホシフトが更に加速していくと予想されるため、PC利用者数は更に減少するのではないかな、と。個人的には、ニュース見るにしても、何か検索するにしても、PCの方が圧倒的に作業効率がいいから、PCの方が長く使っている。ただ、移動時間にスマホタブレットでニュースをある程度消化できるようになったから、確かにPCの量は減ったかもしれない。時代の進化って凄いなあ、と感じるニュースでした。