読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

ASUS ZenFone 3のレビュー第3弾。イチオシのカメラ機能!!

ASUS ZenFone 3のレビュー記事の第三弾では、カメラ機能について深堀りしていきたい。

f:id:lightsound:20170130234032j:plain

 

レビュー記事第一弾

lightsound.hatenablog.com

 

レビュー記事第二弾

lightsound.hatenablog.com

 

 

第一弾は外見、第二弾ではスペックについて見ていったが、何よりも見て欲しいのは、今回紹介するカメラ機能なのだ。ASUS年末大感謝祭のイベントのときにも司会が連呼していたが、ZenFone3は本当にカメラの性能が高い。公式ホームページのトップにも「すべてはその一瞬をとらえるために。」と書いてあるほどだ。

 

f:id:lightsound:20170130234230p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

さて、それでは早速公式ホームページのスペックのカメラの部分を見てみよう。

 

f:id:lightsound:20170130231107p:plain

 

カメラに詳しい人は分かるだろうが、F値2.0はめちゃくちゃ絞れることを意味している(分かりやすく言うと、一眼レフカメラで撮ったような、後ろ側がぼやけた写真が撮れる)。 これはスマホのカメラの中でも、なかなか無いのでは?

 

ということで早速パシャリ

 

f:id:lightsound:20170130235027j:plain

 

最初に言うが、私はカメラを撮るのは好きだが下手だ。ぜひ私の技術には突っ込まないで欲しい。

 

ZenFone3の箱をメインに、背景のデスク周りの写真を撮ってみたがどうだろうか。うまくボヤケているように思う。ちなみに私の奥さんは一眼レフが好きで、写真を撮るのも上手なのだが、このZenFone 3のカメラには結構驚いていた。奥さんが持っているiPhone7より性能は良いそうだ。

 

f:id:lightsound:20170130235752p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

 

1600万画素、Sony製センサー、4K動画対応、6層レンズ、オートフォーカス0.03秒・・・って0.03秒!?

 

そう、驚いたのがオートフォーカスの速さ。マジで尋常じゃないぐらい早い。これはなかなか実際に見せづらいのだが、Androidカメラでは最速クラスと言っていいんじゃないだろうか。

 

f:id:lightsound:20170131001839p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

 

なかなかオートフォーカスだけをフィーチャーした動画がなかったのだが、ZenFone 3のカメラの性能がよく分かる動画を下記に貼ってある。ぜひ、YouTubeの設定を右下から画質を選んで、2160pにしてから見て欲しい(というか、そうしないとあまり意味がない)。さすがは4Kで撮っているだけあって綺麗で、ものによっては本当にスマホのカメラとは思えないような写り映えとなっている。

 

www.youtube.com

 

 この動画を見るとカメラの性能の凄さが分かるが、まだまだこれだけではない。「光学式・電子式による強力な手ぶれ補正」「優秀な色調調整センサーによる補正」「6400万画素相当の超解像度モード」など驚きの機能ばかりだ。

 

 

f:id:lightsound:20170131002302p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

f:id:lightsound:20170131002320p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

 

何も私がZenFone 3を持ったからべた褒めしているというわけではなく、実際に海外のレビュアーも高評価をしている。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

検索してみても、カメラの性能の良さを書いているブログはたくさん発見できた。ぜひ調べてみて欲しい。 

 

カメラのレビューは以上だ。カメラについては本当に悪い点が見当たらないぐらい良い。スマホにカメラ性能を求める方は、間違いなく候補に上がる端末だろう。

 

さて、今回ZenFone 3について見てきたが、私はこの端末でASUSのファンになってしまった。私はZenFone2 Laserを親にプレゼントしていて、以前から使ってみたいと思っていたのだが、実際に使ってみると驚いた。次回、Android端末を買うときも、ASUSはトップで検討したいブランドとなった。

 

第一弾でも言ったが、この端末を「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭」というイベントに参加して無料で頂いたのだ。このハイエンド端末をくれるとは、とんでもない太っ腹である。繰り返しになるが、ASUS公式FacebookASUS公式Twitterはフォローした方がいい。また何かしらイベントが開かれるはずなので、そのときにはぜひイベントに申し込んでみると良いだろう。

 

 以上をもってレビューを終了とする。それでは!

 

f:id:lightsound:20170131004038j:plain