読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

ASUS ZenFone 3のレビュー第2弾。ハイスペックすぎる中身について考察

さて、年越し前にASUS ZenFone 3のレビュー記事を書いたが、今回はレビュー記事第二弾を書こうと思う。

f:id:lightsound:20170130225110p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

前回の記事はこちら↓

lightsound.hatenablog.com

 

 

第一弾は外見を中心にレビューしたが、今回は中身について見ていく。まずはスペックを見てみよう。下記はすべてASUS ZenFone 3公式からの情報だ。

 

f:id:lightsound:20170130225951p:plain

 

 

画面サイズが5.2インチで、解像度が1920*1080(フルHD)と非常に高精細だ。またIPS液晶で視野角も広い。Corning® Gorilla® Glass3を用いており、頑丈さもしっかりと保証されている。万が一落としても割れる心配が少なく安心だ。(しかし、電車でふと見るとiPhoneの画面が割れている子が多いが、あれはなんであんなに割れやすいんだろうか。謎である。)

 

そしてサイズの割に重さが144g!参考までに言うと、iPhone7が4.7インチで138g、iPhone7Plusが5.5インチで188gだ。iPhoneと比べても、画面が大きく軽いというのが分かるだろう。

 

f:id:lightsound:20170130231658p:plain

 

 

OSも最新の7.0ではないものの、6.0とかなり最新の部類に入る(というか7.0に対応しているのはnexusとかpixelといったGoogle謹製端末と本当に極少数の端末だけだ)。ASUSは結構長くサポートするイメージがあるので、おそらく近いうちにZenFone 3もAndroid7.0へとアップデートされるものと思われる。

 

CPU、GPU、メモリも非常に高性能で、グラフィックをバリバリ使うゲームにも対応しうるレベルだ。一般用途で困ることはまずない。

 

ストレージも標準32GBと、2TBまでのmicroSD対応ということで何の問題もないだろう。ここらへんは最近のAndroid端末はどれも同じぐらいのストレージな気がする。

 

バッテリーが2650mAhと、特出して高くないような気がするが、使ってみるととても長く感じる。私はSNSを最低でも1日30分は使っており、またニュースなども見ているが、朝がフル充電でも夜には50%は残っている。むしろ動画・ゲームなどを使わずに、1日でフルで減らせるのか?と思うレベルだ。

 

価格コムのスペック表も貼っておくので、ぜひ見てみると良い。 

 

f:id:lightsound:20170130225409p:plain

 

以上、今回は主なスペックを見てきた。スペックに関しても申し分ない性能であることがわかったと思われる。しかし、私は今回まだ触れていない機能がある。カメラ機能だ。ASUSの中の人も絶賛していたが、ZenFone 3の真骨頂はカメラの性能である。1番推している機能と言ってもいい。レビューの第三弾ではカメラ機能について見ていきたいと思う。

 

f:id:lightsound:20170130232423p:plain

公式画像:ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

それではまた次回!!