読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

ASUS ZenFone 3をゲットしたので、さっそくレビューを書きたい

レビュー

先日、「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭」というのに当選した。

 

東京・名古屋・大阪の3都市で開催されているASUSのイベントだ。私は大阪のイベントに当選したのだが、まず結論から言うと、このイベントに参加すると、製品レビューをするということを条件に何か端末が貰える。今回は「ZenFone 3」という控えめに言っても神端末をプレゼントとして頂いた。

 

そして、このイベントは単発ではなくまた開催される可能性があるので、FacebookTwitterでフォローして、情報を得られるようにしておいた方がいい。レビュー必須とは言え、ただで4万円強(現時点で42,984円)の端末が貰えるのはデカイ。絶対に参加するべきイベントだ。

 

ということで、ASUS ZenFone3を貰った代わりのレビューを書いていきたい。(正直なことを言うと、次のASUSのイベントの競争率をあげたくないが致し方ない笑) 

 

f:id:lightsound:20170130221253j:plain

 

まずは箱だ。開ける前から所有欲を満たす恐ろしい箱である。箱だけで何か取っておきたくなるやつだ。(お店で貰った袋を貯めるタイプの人は分かるはずだ)

 

f:id:lightsound:20170130222053j:plain

 

そして、ASUS ZenFone 3!!なるほど、これはシンプルでカッコイイ。まず全面にロゴがないのがいい。「正直裏面は、どうせカバーするから何が書かれててもどうでも良い。ただ全面、お前はダメだ。」っていう人は私に限らず多いと思うが、そういう人は好きなデザインであろう。

 

5.2型らしいが、ベゼルが狭いのと、角がちょうど良い形に丸まっているので非常に持ちやすい。しっかりと設計されているのが分かる。

 

f:id:lightsound:20170130222244j:plain

 

次に裏面だ。裏面にはカメラ・フラッシュ・指紋認証・ロゴがある。正直、残念だと思われるのはカメラの出っ張りだ。これに関しては、私はケースをする派なのでマイナスポイントではないが、裸で使用する人にとってはもしかしたらマイナスかもしれない。そこらへんは店頭で触って許容できるか見て欲しい。それ以外に問題点はなく、むしろ裏面もシンプルでカッコイイ。

 

私が驚いたのは指紋認証の精度である。私はiPhone6Sも所有しているのだが、はっきり言ってiPhone6Sよりも早い。そして、何より後ろに指紋認証がついているのが、こんなに便利とは思わなかった。わざわざ親指を下に持っていかなくても、後ろの人差し指でスッと認証できる。電源をつけるときも、アプリのロックを解除するときも簡単だ。またZenFone 3固有の機能として、ダブルタップでカメラ起動といったこともできる。これもかなり便利で、自撮りマンの私は非常に助かる機能だ笑

 

f:id:lightsound:20170130222202j:plain

 

次は上側の部分。こちらはイヤホンジャックがついている。

 

f:id:lightsound:20170130222118j:plain

 

右側面。音量ボタンと電源ボタンがある。こちらは特に取り上げることもないだろう。

 

f:id:lightsound:20170130222224j:plain

 

左側面にはSIMカードを入れる部分がある。デュアルSIMに対応していて、デュアルスタンバイを用いれば、非常にお得に運用することができる。そこらへんのことは他のブログにもたくさん書かれているので、他のブログに任せたい。

 

ischool.co.jp

 

f:id:lightsound:20170130222140j:plain

 

!!

最後は下側の部分の紹介だが、なんとUSB Type-Cではないか。わからない人に簡単にメリットを説明すると、「前後裏表関係なく挿せる」「充電が早くなる」「転送が早くなる」の3つだ。下記ブログを見ると、より詳しく知ることができる。

 

kakakumag.com

 

私は新型MacBook Proを買ったので、パソコンと同じ充電口になって非常に助かっている。早く全部USB Type-Cになってしまえばいいと本当に思っている笑

 

さて、第一弾のレビューは以上!!まずは外見を主に見てきたが、第二弾・第三弾では、より詳しい中身の部分についてレビューをしていきたい。また年明けの投稿を予定しているので、ぜひ見て頂けると嬉しい。

 

それでは今年の投稿はおそらくこれが最後になると思われる。みなさま良いお年を!!