意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

卒業論文がQuestantを使えば、すぐに終了する件[PR]

分析が一瞬で終わっちゃうよ

 


無料セルフアンケートASP『Questant(クエスタント)』 -MACROMILL-

 

 突然だが、私は大学4年生で現在は卒業論文を書いている。卒業論文には色んなパターンがあるが、もし質問票調査(アンケート)を利用した論文を書きたいなら、Questant(クエスタント)をオススメする。以下にオススメのポイントを書き出していく。

 

f:id:lightsound:20141219121535p:plain理由その1:分析が一瞬で終わる

 質問票調査を行なったら、集めた回答を分析する必要がある。因子分析、クラスター分析など統計的な知識を使って、分析を行う必要がある。これがなかなか難しいのだ。統計学を1から勉強するのは、なかなか途方も無い時間がかかる。さらに、統計ソフトは高いものが多く、いちいち学校に行って分析を行わなければならない。

 それが、クエスタントを使えばすぐに解決する。クエスタントには、Quick-CROSSという分析ソフトがついてくる。この分析ソフトを使えば、本当に早く分析できる。http://www.macromill.com/service/quickcross/Quick-CROSS3q.pdf)これが説明書だが、これの通りに操作を行うだけで、色んな分析をすることができるのだ。

 しかし、これは有料プラン限定での話だ。無料プランにはQuick-CROSSはついてこない。だから、私は1ヵ月限定で課金した。分析なんて1週間あれば十分に終わるので、1ヶ月の有料プランで解約すればいいのだ。2980円/月だが、たったの2980円で、学校にも行かずに、最低限の労力で分析ができると思えばお得だ。

 

 

f:id:lightsound:20141219121535p:plain理由その2:マクロミルが運営

 マクロミルという会社をご存知だろうか?

株式会社マクロミル(英: MACROMILL, INC.)は、2000年1月に設立。インターネットリサーチの事業を核とし、プロモーション・メディア領域までサービスを展開する、マーケティングビジネスカンパニー。日本でインターネットが普及しはじめた頃に「市場調査のインターネットシフト」というイノベーションを起こし、新たにネットリサーチ市場を開拓した。現在リサーチ事業は年間取引社数2,000社、年間調査受託件数20,000件以上と圧倒的な実績を誇る。

 wikipediaからの引用であるが、マクロミルはインターネットリサーチにおいて、他社の追随を許さない。インターネットリサーチにおいて、日本で最も実績のある会社なのだ。Questantはそのマクロミルが作ったソフトなのだ。だからサポートも充実してるし、安心だ。

 実際、私も分からないところが1ヶ所あって、1つ質問をした。すると、1日待たずに返信がきたのだ。その返信の回答もしっかりしており、すぐに分からないところが解決した。このサポートの対応の良さもメリットだろう。

 

 

f:id:lightsound:20141219121535p:plain理由その3:オシャレな見た目

 ネットを使った卒業論文のアンケート自体は割と珍しくないと見ている。実際、友達からも何度もアンケートの依頼がきたことがある。そのときに使われているのが、Googleドキュメントで作ったアンケートなのだ。しかし、これが見た目の融通がきかないのだ。アンケートの中身が重要なのはもちろんであるが、答えてもらう相手のことも考えて、おしゃれな感じにしたい場合に対応できない。

 クエスタントは見た目がオシャレだ。私は96人にアンケートを取ったが、「あれってどこで作った?」と何度も聞かれた。見た目がいいから、答えやすいとの評価までもらうことができたのだ。見た目にこだわるなら、Googleドキュメントの使用はやめよう。

 

 

f:id:lightsound:20141219121535p:plain理由その4:簡単に質問が作れる

 これは大きな利点だ。インターネットで質問を作ろうとすると、意外と難しいことが多い。クエスタントは直感的に操作できるようになっているので、簡単に質問が作れるのだ。無料でももちろん作ることができるので、試してみるといい。本当に簡単に作れる。

 

 

 以上が、オススメのポイントである。この中でも最も推したいポイントが、「理由その1:分析が一瞬で終わる」だ。インターネットで質問票調査を行うためのソフトは、他にもたくさんある。有名なところで行くと、Creative Survay、SurvayMonkey、Googleドキュメントがある。

 私はクエスタントをオススメしているが、それは上記のソフトを全て使った上での評価である。上記のソフトでも、十分なアンケートを取ることができる。しかし、分析だけはできない。分析ができるのは、クエスタントのみだ。その点において、他のソフトに勝ち目はない。

 アンケートにおいて大事なのは、分析である。集めて終わりならば簡単であるが、難しいのは分析の部分なのだ。その分析が一瞬でできるところが、クエスタントの最大の良さである。

 卒業論文の執筆を控えている人は、クエスタントの利用を考えてみて欲しい。分析ソフトのために2980円払う必要があるが、その価値は必ずある。時間と労力の削減を2980円でできるなら安い話だ。是非、検討してみてほしい。