意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

クリエイター涙目!LINE自作スタンプの売上50%→35%

創ろうと思っていたけど、若干創作意欲が失せてしもた。

f:id:lightsound:20141228083043j:plain

 


LINEクリエイターズスタンプ、1年経たずに分配金を30%削減へ 開発・運営費に充当 | アプリオ

 

2015年2月1日申請分のスタンプより収益分配率が変更されます。現在はスタンプ売上総額の50%をクリエイターに分配していますが、変更後はスタンプ売上総額よりApp StoreGoogle Playなどの手数料(30%)を差し引いた金額の50%(売上総額の35%)がクリエイターに分配されることになります。つまり、収益分配率が売上総額の50%から売上総額の35%へと減額されるため、クリエイターが実際に分配金として受け取る額は従来より30%削減されるということです。2014年5月のLINEクリエイターズマーケット開始から1年を経たずして、クリエイターの売上に大きく影響する変更となります。 

 つまり、10000円売り上げたら今まで5000円もらえていたものが、3500円しかもらえなくなるということ。逆にLINEの取り分は、クリエイターが10000円売り上げたら、2000円徴収していたものが3500円になるということ。

 1万円の売上
 クリエイター:5000円→3500円
 LINE株式会社:2000円→3500円

なんかこうやってみると今までLINEはよく我慢していたな、と思うのだが(笑)しかし、クリエイターにとっては売上減少ということで少し士気が下がるのは間違いない話ではある。

 

分配金削減の理由として、LINEは審査スタッフの追加拡充およびカテゴリ追加・審査期間短縮などに必要なシステム開発・運営費用に充当するためとしています。従来、30%の手数料はLINEの収益分(50%)から拠出していましたが、当初の予想を大きく上回る登録によって審査体制が追いつかなかったようです。 

  仕方ないかなとは思う。あまりのスタンプ申請の数に、LINE側が対応しきれていないからね。今でもLINEスタンプを申請したら、半年以上後に認可されて販売されるらしい。どんだけ申請きてるんだ…。

 

f:id:lightsound:20141228084132j:plain

 ただクリエイターにも悪いニュースばかりではない。

現在までに審査スタッフの大幅拡充しているほか、大量のスタンプ登録データを迅速に処理できるようシステム面の改修を実施。早ければ2015年2月前後にシステム改善が完了し、審査期間の大幅短縮が実現する見込みだということです。 

  スタンプ申請から認可までが大幅短縮される!!自分の作ったスタンプが早く出るのはやっぱり嬉しいよね。

 

2015年2月より、最低支払い金額が10,000円から1,000円に引き下げられる予定です。販売個数が少ないクリエイターに配慮した変更だと言えるでしょう。 

 今まで10000円分売り上げないとお金が振り込まれなかったのが、1000円から振り込まれるように!!これも嬉しい。売れないスタンプ作っちゃっても1000円ぐらいはなんとか稼げるかもしれないぞー。 

 

LINEスタンプを探しやすくするために、カテゴリ機能が追加されます(2015年春ごろを予定)。クリエイターが選択したキャラクターカテゴリ・テイストカテゴリによって、ユーザーがスタンプショップ上でスタンプを探しやすくなる予定です。

 

 LINEスタンプが探しやすくなる=ユーザーの購入率が上がる可能性!!っていうか今まで無いのがおかしかったんだよ。恐ろしく探しにくかったからね。

 

f:id:lightsound:20141228085145j:plain

 というわけで、良い知らせもなかなかあったのではないかと。50%→35%に下がったのは残念ではあるけども、それでも十分に高いかなーと個人的に思う。LINEは最初の価格設定をミスったように感じる。あまりのクリエイターの儲けのでかさにスタンプ申請されまくってるし、そのせいでクオリティーが著しく低い駄作スタンプも大量にある。

 個人的には、最初から儲け20%ぐらいにしてクリエイターを絞って申請数が少ないようなら上げる、という方向のほうが良かったと思う。キャンペーンとかで一時的に上げるとかいうこともできるわけだし、それ自体が広告になり得るしね。

 

 50%→35%の適用は2015年2月からみたいなので、スタンプを作りたい人はそれまでに作ることをオススメする。それでは!