読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

Logicoolの「Illuminated Keyboard K740」を使ってみた(写真大量)

写真多めでロジクールのキーボードをレビューするよ。

f:id:lightsound:20141211162231j:plain

 

 今回購入したのはこれ。

 

 まず私がキーボードを購入するにあたっての条件が、

・安い(願わくば5,000円以内)
・有線(電池を気にしたくないから)
・うるさくない(カタカタなりすぎるのはストレス)
・カッコイイやつ(見た目って大事じゃない??)
・評価が高いやつ(評価良くないと不安で買えないヘタレです)

の5つである。この5つを満たすもので探した結果、「Illuminated Keyboard K740」に落ち着いたわけだ。つまり、上の条件を求めない人は、このレビューを見たところで役立つ情報は得られないことを先に伝えておく。

 

 先に価格についてだが、Illuminated Keyboard K740は定価が8,552円だ。普通なら予算オーバーする。2014年12月現在、Amazonだと5,854円で、価格.comでも最安値が5,840円だ。それでも若干のオーバーだが、なんとロジクールの公式アウトレットストアなら、4,266円で買える。まさか公式アウトレットストアが最安値になるとは予想だにしなんだ。お得感もあって、これだけで買いたくなる。ちなみに公式アウトレットストアは5,000円以上で送料無料になるので、私はマウスパッド「G240 Cloth Gaming Mouse Pad」も買った。これはまた別のお話。

ロジクール公式アウトレットストア

 

 さて、そろそろ写真を見ていこう。
f:id:lightsound:20141211161701j:plain
でかい箱で我が家に届いたぞ。

 

中を開けると…
f:id:lightsound:20141211163555j:plainまた箱が!!真っ黒!!

 

パカッ!
f:id:lightsound:20141211163641j:plain
人生で最も興奮するときだよね。

 

f:id:lightsound:20141211163733j:plain

f:id:lightsound:20141211163738j:plain

はいはい、保証書、説明書。

 

f:id:lightsound:20141211163829j:plainはい、ジャンガジャンガ!!
もちろん有線で長さは1.75m。わずかに俺の身長よりデカイ。悔しい。

 

f:id:lightsound:20141211164105j:plain

f:id:lightsound:20141211164128j:plain

興奮すると同じような写真だって載せちゃうんだ俺。
奥に古ぼっちいキーボードがあるね。あれは今まで使わせてもらった感謝の念とかそういうのは一切なしに、豪快に捨てたよ!!

 

f:id:lightsound:20141211164410j:plain
テンキーは必須じゃないんだけど、あったらあったでいいよね!

 

f:id:lightsound:20141211164518j:plain
上からはい、ドーン。
ちょっとここらへんでカッコよさの説明をしよう。このキーボード、シンプルに見えないかい?そう、ひらがな表記がないのだ。Aのキーに「ち」とか書いてないでしょ?(ちなみに昔この記事にまんまと引っかかったことがあるよ。)
ぶっちゃけひらがな入力とか一切しないから、そういう表記があっても邪魔なだけなんだよね。ひらがな表記がない分、シンプルでカッコイイ。

 

で、FNキー(ファンクションキー)と上のボタンたちがオレンジになっていることが分かるかな?これは、下のFNキーを押しながら上のボタンを押すと、その機能が発動しますよということ。例えば、FNキーを押しながらF2キーを押すと、メールソフトが開く。これは自分で設定して、何を開くようにするか決められるので、地味に使い勝手が良い。このキーたちだけ、オレンジにしているところもカッコイイと思うのだが、これは親馬鹿だろうか??

 

カッコイイ点はまだあるぞ!
f:id:lightsound:20141211164941j:plain光っちゃう。暗い部屋でも、見やすく使えるんだ。ちなみに明るさは、点灯なし、弱点灯、中点灯、強点灯の4段階だ!俺は、なんとなく中点灯で使っているよ。

 

 写真は以上だ。もちろん、背面には、キーボードの高さを変える突っ張りみたいなのがついてて、高さを変えられるようになっている。

 

 打ちやすさに関してだが、個人的には満足している。というか、打ちやすさは人それぞれだから、評価しづらいというのが正直なところだ。フラットなキーなので、深くキーを押したいタイプ(メカニカルキーボードとか好きなタイプ)は、打ちづらいと思う。アップル純正のキーボードよりはやや深いという感じだろうか。キーボードが浅いからこそ、静かなタイピングとなる。浅いキーが好きな方、静音キーボードを求めている方にはおすすめできる。

 

 最後に評価に関してだが、めちゃくちゃ評価が高い。これも私がこのキーボードを買う決め手となったといっても過言ではない。

価格.com - ロジクール Illuminated Keyboard K740 [ブラック] レビュー評価・評判
こちらは価格コムのレビューだが、9人評価で4.75である。売れ筋ランキングも10位なところを見ると、評価は割と高いようだ。

Amazon.co.jp: LOGICOOL イルミネートキーボード K740: パソコン・周辺機器
こちらはアマゾンのレビューである。53件のレビューで星4.5である。かなり高いことが伺える。他のキーボードを見て頂けると分かるが、この評価はかなり高い。

 

 評価の中に、キーボードの中央部分が少しへこむというものがあった。確かに、真ん中部分を押すとへこむようになっている。しかし、普段使いに全く支障はない。というかそこまでキーボードを強く押すことがないから、まずへこまない。その点は安心していただきたい。

 

 以上がレビューであるが、総評としては、私の求めていた条件をすべて満たしたので大満足である。私と同じ条件でキーボードを探す人には、この「Illuminated Keyboard K740」を是非オススメしたい。公式アウトレットストアで、ずっと販売しているわけではないので、早めに購入することをオススメする。それでは!