意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

Facebook離れが深刻。今後どうなる!?

どうなる顔本!?

 


米国で若者の「Facebook離れ」が始まる 時代はインスタグラム - ライブドアニュース

 

2014年の春、米国では10代の若者のうち、72%がフェイスブックを利用していました。しかし、それからおよそ6ヶ月が経過した2014の秋、なんと利用者が45%にまで減少してしまったのです。 

  「驕れる者久しからず」と言われるが、Facebookもついに凋落が始まってるのだろうか。若者がどんどんFacebookを利用しなくなっているらしい。

 

現在最も米国で10代のユーザーが多いのは、「Instagram」(インスタグラム)です。2014年春に69%だったユーザー数が、秋には76%にまで増加しました。次いで多いのが、Twitterツイッター)の59%、3番手にフェイスブックの45%となっています。

  mixiFacebookTwitterInstagramという流れか。SNSは短い期間で利用率が変わるから、運営会社は本当に大変だと思う。SNSは広告モデルが基本なので、利用者がいなくなるってのが直接に売上高に影響するからなぁ・・・。

 

 個人的にはInstagramもいずれは廃るような気がする。なんというか、SNSって面倒くさいんだよね。もちろん、それは私個人の感覚だが、そう感じている人は多くないように思う。実際、昔と比べて、私の周りでのSNSの投稿率は著しく低くなっている。大半がROM専で、投稿するのはほんの一部の人達。ちなみにROM専の人は、次第に見なくなっていく流れになると思うので、IN率自体低くなるだろうなあ。mixiの衰退と似ている。とはいえ、まだまだ脅威の利用率であるとは思うので、当分は大丈夫かな。

 

 最近は、広告を一切使いませんというElloや、ユーザーに収入が入るTSUという新たなSNSも登場しているが、最終的に覇者になるのはどこだろう。というか、最終的に1社だけがウハウハな状態になるだろうか。今後のSNSの展開を見るのは、すげー面白そう(使いはしない)。

 

 私の意見だが、他人の投稿を見てどうこう思うより、その時間を自分のために使ったほうがいい気がするなあ。でも、こういう考え方してると、時代についていけなくなりそうで怖い(笑)