読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

強い企業文化を作るには

学び ニュース 起業ネタ

ということで、強い企業文化を作るための面白い記事を2点紹介したい。

f:id:lightsound:20141017214734j:plain

 

1.メール返信は早急にするべし

メールの返信の早さは、信頼関係を構築する上で非常に重要なそうだ。実際、私が優秀と思う人達も返事は早い。この記事によると、別に丁寧に返信する必要はなく、「了解」などの短い返事でも良いそうだ。

コミュニケーションロスってのは非常にもったいない。LINEで既読無視をする癖がついている人は要注意かもしれない。友達との信頼関係を築くという意味でも、LINEがきたらすぐに返信してあげるべきだ。


元グーグルCEO 「メール返信の速さが本当に強い企業文化を作る。」|リーディング&カンパニー株式会社

 

2.パワーポイントは捨てて、文章で伝えるべし

社内のプレゼンの際はパワーポイントを使うのは控えたほうがいいかもしれないという記事。パワーポイントを使うと、見た目を整えることに時間を割いてしまい、目的を見失いがちだと指摘している。

社内ミーティングで大事なことは議論をすることだ。パワーポイントだと資料を見ることに目が行ってしまい、発表者の話を聞いていないというパターンがある。これでは、充実した議論をすることは難しい。

『テキストで作成した資料は、文章と文章の繋がりが考慮されているため、作成の過程で発表者の思考が深まるため、より意味のある発表になる』と指摘している。これは確かにそうかもしれない。言葉化するには、内容をより理解していないといけない。また、『参加者も資料を見て発表者の思考を追うことができるため、発表の内容をしっかりと理解することができ、発表後の議論も充実したものになる』ともあった。どうやら話し手、聞き手の双方にメリットがあるそうだ。


Facebook、LinkedIn、Amazonが、社内でのパワーポイントの使用を禁止

  

どうだろうか。経営学部で企業制度についても学んだことがある私ですが、こういうライフハック的なのは初めて知った。内容自体も面白いし、論理的で納得してしまう。GoogleAmazonFacebook、Linkedinといった大成功企業が言うから、また説得力がある。

「起業したい」、「強い企業文化(カルチャー)を根付かせたい」という方は、是非参考にしてみてください。