読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

はてなとnanapiの勉強会に参加してきた

株式会社はてなに潜入してきたのでその報告。「株式会社はてな」か「はてな株式会社」かいつも迷う。

f:id:lightsound:20140929102734j:plain

 

行ってきたのはこの勉強会のため。


【nanapi x はてな】はてなとnanapiの開発フロー in Kyoto - connpass

 

大学の友達2人で潜入したのだが、まず場違い感。周り社会人しかいない。話についていけるのかという不安を胸に抱えながら、講義は始まった。

 

結果、まったく話についていけず!!

 

惨敗だった。今回の講義はチームでの開発手法やフローに関しての話だったが、チーム開発をかじったことしかない私には意味不明な単語が多すぎた。スクラムとかスプリントぐらいなら理解できたが、ツールについての説明が多く、そこはちんぷんかんぷんだった。知らない単語ググる→その説明に知らない単語がある→ググるの無限ループで、話についていける部分は少なかった。

 

しかし、私の今回の目的は勉強だけではない。はてなの方に質問することだ!!ということで懇親会の時間に、CTOの田中さん(id:stanaka)に猛アタックしてきた。主に聞きたかったのは、新卒採用におけるエンジニア、デザイナーのレベル感についてだ。

 

結果、はてなは割と即戦力を求めている

 

いやー、これはやばい。プログラマ就職を考えていたのだが、やはり甘くない。私の技術では圧倒的に足りないようだ。写経せよ!と何度もおっしゃられたので、写経して技術を身につけなければ。他にも様々聞いたが、とりあえず技術力を磨かなければ、と強く感じた。

 

懇親会では、nanapiやサイボウズの方など、色んなバックグラウンドを持った社会人とお話できたので、その点に関して非常に良かったと思っている。実際、繋がりを作ることもできた。本選考などではこの繋がりが活きるのであろう。

 

また、この勉強会を通して、自分の道を決めることができた。これが一番大きな収穫だったかもしれない。バックエンドとフロントエンドのどちらの道に進むかを決めあぐねていたが、これからフロントエンドを極めることにする。UI、UX、デザインを勉強しまくり、一流になってみせる。

 

結果として、勉強会に参加できてよかったと強く思った。今後も、このような勉強会には積極的に参加したいと思う。