読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

IT企業の見つけ方

就活にあたってどの企業を受けたらいいか、迷うことはありませんか。
特にIT業界を志望する方はよくあると思うんですよね。

f:id:lightsound:20141002231046j:plain

別の業界ならば、その業界のシェア上位の企業を受けたら良いみたいな考え方って結構あると思うんですよね。少なくとも私の周りはそうでした。例えば、商社ならば五大商社、銀行なら3メガバンク、海運なら日本郵船商船三井とか。そして、シェア上位と給与・待遇の関係って比例していることが多いんですよね。

 

ただ、私を含めIT企業を狙う人の中には、給与・待遇で選ばない人も多いと思うんですよ。(しかもIT企業の場合、サービスが多すぎてシェア上位とかあてにならない。)その場合、IT企業で働いてみたいけど、どうやって企業を選べばいんだろうって問題が出てくると思います。

 

「どうすれば自分に合ったIT企業を探せるの?」って思った方は続きを読んでください。IT企業の探し方、教えます!!

 

といっても、ただ私の企業の探し方を教えるだけです。
期待したやつざまぁ!!

 

それでも読んでくれる人のために教えます。結論から言うと
ニュースを読んで興味のあるサービスを展開している企業を調べよ!!
または、自分の使っているサービスを展開している企業を調べよ!!
もちろん、万人にオススメするわけではありません。では、なぜこの方法をオススメするのか。理由は2つあります。

 

1.色んな企業を知ることができる。
一口にIT企業と言っても、その数は星ほどあります。全ての企業を見ることなど、到底できることではありませんし、就活生の時間の使い方としても好ましくないでしょう。ニュースや自分の使うサービスから企業を見ていくことで、星ほどあるIT企業から自分にあった数社を選ぶことができます。

 

2.モチベーションが高まる。
就活サイトなどで一覧から見つけた企業より、自分の興味のあるサービスを展開する企業の方が、遥かに仕事に対するモチベーションが高まります。「おお、なんだこのサービスは!このサービスを展開する企業はどんなとこだ!?俺が入社して、更にサービスをより良くしてやる!」って意外となります。自分の興味のあるサービスの方が、仕事に対するやる気が高まるのは当然ですよね。人間って単純なものです。

 

私自身、こういう経験は幾度かあります。はてなブログもその1つで、ブログを利用するうちに「なんだこの優良サービス!どこがやってるんだ?はてなはてなブログとか、名前そのまんまかよ!あ、でも面白そうな企業だぞ!」ってなりました。実際、今一番熱いなと思っています。はてなの社員さんオネッシャス!

 

つまり、たくさんの企業から自分が働きたいと思える企業を探せるということです。IT業界は、扱う内容が多種多様すぎてシェアとかの概念が他業界より弱く、更に色んなサービスを展開することが多いため、自分にあった企業を探すのが非常に困難なんですよね。ぜひ、方法の1つとして、参考にしてみてください。