読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

起業ネタ

電車に乗ってボーっとしてたら、

起業ネタを思いつきました。

 

 

ズバリ、大学の近くでプログラミングの塾を開く。

 

なぜやるのか?

得意の10の理由で攻めたいと思います。

 

1.競合が少ない。

Tech kidz、Life is Techぐらいか。

大学生向けではまだ多くない気がする。

 

2.プログラマ需要の高さ

日本はプログラマが少なく、企業も欲しがっています。

アメリカでは2020年に100万人のプログラマ不足が起きるらしい。(pwc調べ)

 

3.大学生のベンチャー熱の増加

なんかベンチャーを立ち上げたいとかいう大学生が多い。

そういう人たちのよくある案が、アプリやWebで大儲けという案。

つまり、プログラミング依存。

 

4.理系大学生を講師に雇える。

プログラミングのアルバイトは人気があるそうで、

理系大学生が来てくれそう(希望的観測)。

 

5.教えている大学生がある程度のレベルになると、働き手として使える。

「君、だんだん上達してきたな。今度は教える側に回らないか?」

アルバイトを探すのが簡単ってことですね。

 

6.教えている子がマジでベンチャーを立ち上げた時の恩恵。

めっちゃ成長しそうなら、そこで雇ってもらえそう(笑)

 

7.こっちも勉強になる。

アルバイトでもハイパー技術高い人とかいそうなので、

その人達からも刺激を受けられるかな・・・と。

 

8.自分が作りたいアプリを課題として作ってもらえる。

アイディアを実現してくれる。教材にもなる。一石二鳥。

 

9.大手企業の開発を受託して、教材として使う。

お金ももらえて、教材ももらえる。一石二鳥。

 

10.企業から良い人材をくれ、との紹介がありそう。

リクルーティング領域にも手を出して、紹介料ガッポガッポ。

 

以上です。

あれ、今回は意外と最後までいい感じじゃね??

 

意外と起業ネタとしてはいいかもしれん。

最初プログラマとして就職して力をつけたら、

マジでこれで起業しようかなあ。

 

以上、起業ネタでした。