読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系 () ブログ

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶが、意識高い系 () はスタバMacドヤ顔で学ばない。

インターンシップの選考を突破するために(概要編)

インターンシップ レクチャー

前回、インターンシップをおすすめしたので

今回は、そのインターンシップの難関な選考に突破する方法をお教えしましょう。

実は私、これでもインターンシップには9つぐらい参加しているんですね。

多いほうだと思うので、少しは選考のノウハウを共有できるでしょう。

 

 

まず突破法として3つの方向性に分かれます。

一つ、数撃って当てるべし。

二つ、コネを使うべし。

三つ、突破率を上げるべし。

 

で、一つ目ですが、バカにはできませんよ。

数撃った方が突破する可能性も高まるに決まっているじゃありませんか。

3ポイントシュートだって、10回撃てば、まぐれでも1回ぐらい入ったりします。

そして、何度も試しで撃ったら、次の確立が高まるじゃありませんか。

実は私は、上の三つの方法の中ではこれを一番に推します。

面接やグループディスカッションにおいて、経験に勝るものはありませんよ。

 

二つ目もバカにはできません。

コネって実はたくさんあるもんですよ。

先輩のつてでも何でもいいので、活用できるものはしてしまいましょう。

これも突破率の高い方法なんです。

先輩から教えてもらったほうが、シュートも精度が高まるでしょ。

(バスケが好きなわけではありません。) 

 

三つ目、皆さんが知りたいのはここですよね。笑

知ってて最後に書きました。

ですが、一つ目を特にオススメしているってことを忘れずにここを読んでください。

では、突破率を上げる方法の前に、

インターンシップの選考がどんなものか整理しましょう。

 

選考にはだいたい次の3つがあります。

1.エントリーシート

2.グループディスカッション

3.面接

どれをやるかは企業によって異なりますが、だいたいエントリーシートはあります。

エントリーシートだけで通過できるところもあれば、

グループディスカッションが必要なところ、面接が必要なところ、

あるいはその両方が必要なところがあります。

 

それぞれの突破率を高める方法を書くと、

とても長くなるので、日を分けて説明しますね。

こちらの都合で待たせることになり、申し訳ないです。

精一杯、書いていくのでお許しを。

 

それでは、明日はエントリーシートの突破率を上げる方法をみていきましょう。